コレステロールTop >  海藻・昆布を使ったレシピ >  鶏ささみ肉の昆布巻きレシピ

鶏ささみ肉の昆布巻きレシピ

コレステロール値が気になり始めたり、血中のコレステロール値が高いと

診断された方は、ぜひ積極的に食生活の見直しをしていただきたいと思います。

実際にコレステロール値が高く、診察を受けている方は、

医師から食生活の注意も受けている事でしょうから、医師と相談のうえ

適正な食生活を心掛けてくださいね。

コレステロール値が高い方に、比較的効果が高いと言われている食材を使った

レシピを紹介したいと思います。


今回使う食材は、海藻・昆布です。

海藻は、腸内でのコレステロールの再吸収を防いだり、コレステロールの低下に

効果がある食材として知られています。

しかし、いくら良い食材だとしても海藻をサラダのように食べるのに

抵抗を感じる方も中にはいるのではと思います。特に、若い年齢層の方には。


それに海藻・昆布を使った調理法って、ダシをとることは、すぐに頭に浮かびますが、

その他の事って、中々思いつかないって方も少なくはないかもしれません。

若い方に喜んで食べてもらえそうな、昆布レシピなんていったら尚更かもしれませんね。

今回は、そんな若い方にも喜んでいただけそうな、鶏のささみと昆布を使った

レシピを紹介していきます。


まずは、鶏ささみ肉の昆布巻きに使う材料の紹介からです。

材料は、2人分となっています。


■材料(2人分)

・鶏のささみ肉・・・4本

・昆布巻き用の昆布・・・1m(およそ5倍に増えます。戻して50g)

・かんぴょう・・・1.5m(爪楊枝でも可能)

・昆布の戻し汁・・・適量

・酒・・・大さじ1杯

・砂糖・・・大さじ2杯

・しょうゆ・・大さじ2杯

※かんぴょうが、もしない場合は、爪楊枝を代品として使ってください。


■下ごしらえ

1.昆布は水につけて戻します。戻した昆布を、9等分にしてください。

2.鶏のささみ肉には、筋がありますので、指先でささみ肉を押さえながら包丁を筋にあて、
  しごくようにしながら筋を引き抜いてください。
  筋を取ったら、1本を縦半分にし、昆布の幅にあわせ切ります。

3.かんぴょうは、塩で揉んだ後、水で洗ってください。


■調理方法

1.昆布は3枚を一組にし、鶏のささみ肉を芯にして巻きます。
  かんぴょう(無い場合は爪楊枝)で、昆布がばれないように巻いてください。

2.平らな鍋に昆布で巻いたささみ肉を並べます。
  昆布の戻し汁に水を加えヒタヒタになるようにして20分から30分煮込んでください。

3.砂糖、しょうゆ、酒を加えてさらに20分煮込み、煮汁がなくなるまで煮含めます。

4.かんぴょうの結び目の間を切り、器に盛って出来上がりです。


昆布の旨味が、さっぱりした鶏のささみ肉を引き立ててくれますので、

しっかりとした味わいを楽しめるのではと思います。

コレステロール値改善のためにも、ぜひお試しください。


コレステロールをおさえる食事ガイドトップへ

海藻・昆布を使ったレシピ

コレステロール値低下に効果があるとされている海藻・昆布を使ったレシピを紹介しています。

関連エントリー

鶏ささみ肉の昆布巻きレシピ

糖尿病

気くばり御膳


コレステロールMENU
コレステロール更新履歴
コレステロールRSS
コレステロールタグ
  • seo tag